小作りは想像以上に大変で、後半は義務感が半端なかった

私は45歳の既婚男性で、妻は34歳です。
なんとか無事子供が出来、今は2歳となります・・・がここまでの道のりが大変でした。

まず私も妻も年齢的な壁が迫ってきました。
私は結構能天気な方なんですけど、子供を身ごもって出産する妻はかなり真剣に悩んでいました。
結婚したのは4年前なんですけど、交際し始めたのは15年前なんです。
妻が19歳からの付き合いなんですけど、もちろん交際中は普通に夜の生活をしてました。
デートは週1なので、生理日を除く週末、すなわち月3回ペースで夜の生活をしていたのに一度も妊娠しなかったんです。
普通これだけ交際歴が長く避妊もしてなかったら、授かり婚してますよね。
それだけ私と妻の妊娠の相性が悪かったんでしょう。
もちろん結婚したからといっても夜の生活が劇的に増えるわけでもなく、今までどおり週1ペースでした。
となると妻はこのまま妊娠しないかもとあせったんでしょう。
結婚してから妊娠チェックを病院で行いました。
要するに妊娠させれる能力が私にあるかというチェックです。
これは妻だけしても私だけしても意味ないので、二人とも行いました。
男性である私の検査費が1万5千円ほど、妻は5万円ほどかかっていました。なかなかの金額です。
幸いお互い大丈夫ということなので、そのまま子作りをしました。
ただ普通にしても今までどおりダメですよね。
そこで週末にする・・というのではなく排卵日に合わせて夜の生活をしました。

精子は体内に残るので、大体排卵日1.2日前を狙ってしました。
ただ、こうなるとこの日のうちにしないといけないと言う義務感が出てくるんです。
最初の頃はいいんですけど、特に後半はひどかったですね。
これは私だけでなく妻もなので、お互い様なんですけどね。
ただ、気乗りしない状態でするっていうのはキツイんです。
女性の方も気乗りしなければ濡れもしませんし、行為をしてても感じなかったりするんですよね。
そういうお人形さん状態の妻を抱いても私は興奮しません。
まだ妻は受身だからいいですが、動く側はものすごく苦痛でした。
せめて成果が出ればいいんですけど、出ないからこうしなきゃいけないわけで・・と負のスパイラルでしたね。

さらに精液の濃度を高めるために精力サプリを飲んだりしました。
でもこれが何気に高いんですよね。
私も妻も飲むと、一ヶ月で1万円オーバーです。
一年ちょい頑張ってなんとか妊娠しましたが、義務でする夜の生活は本当に辛かったです。
今は妻の体調の良い時だけしてるので気持ちよく行為出来てますが、たまにあの時は辛かったなぁとふと思い出してしまったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です