ちんこ専門医アキカン宮園さんのペニス増大サプリと5つの増大方法2018

手術でペニスを大きくするのは最終手段!まずはペニス増大サプリを試そう

 

ペニスは「手術」でも大きくすることが可能です。ペニス増大手術には、大きく分けて、

・長茎手術
・陰茎増大手術
・亀頭増大手術

の3種類があります。

〇長茎手術

まずは、「長茎手術」についてです。長茎手術とは、体の内側に埋まっているペニスを引っ張り出して長くする方法で、別名「埋没式陰茎長茎手術」とも呼ばれています。具体的な効果ですが、長茎手術では、2~10㎝ほどペニスを大きくすることが可能です。長茎手術を行う方法には3種類、

・切開せずに靭帯を糸で固定する方法
・切開し、靭帯を緩めた状態で固定してしまう方法
・脂肪を吸引する方法

というものがあります。

「切開せずに靭帯を糸で固定する方法」は、体を切開せずにペニスの根元の靭帯を糸で固定する方法。費用は3万円~10万円ほど、時間は30分程度で終わる手術なので、お金があれば気軽に受けることができます。しかし、糸で靭帯を固定しているだけなので、「糸が切れて元の大きさに戻ってしまいやすい」というデメリットがあるのも事実です。

「切開し、靭帯を緩めた状態で固定してしまう方法」は、ペニスの根元を切開して、ペニスの埋まっている部分を引き出した状態で固定してしまう、というもの。切開しない方法と異なり、靭帯を伸ばした状態で固定してしまうので、元の大きさに戻ってしまうという心配もありません。費用は30万円程度、時間は1時間ほどで済む手術です。
しかし、手術に際しメスを入れることになるので、少なからず傷跡は残ることになります。また、手術失敗のリスクが全くないというわけでもありません。切開手術を受ける際は、失敗して勃起不全になったり、ペニスの向きが変わってしまうかもしれないというリスクは頭に入れておきましょう。また、これは切開せずに手術を行う場合にも共通して言えるリスクですが、「ペニスが引っ張られているような違和感」が残る場合もあります。

「脂肪を吸引する方法」は、下腹部の脂肪を吸引することで、脂肪によって隠れていた部分を引き出して、ペニスを大きくするというものです。肥満体質の男性はペニスが小さい傾向がありますが、あれ、実は脂肪が原因。脂肪が少なくなれば自然とペニスが大きくなります。費用は20万前後と、それなりにかかってしまいますが、肥満体質の方は体もスリムになって、一石二鳥です。

ただ、この長茎手術には、どの方法で手術を行ったとしても「勃起時のペニスの大きさは変わらない」というデメリットがあります。ペニスの隠れている部分を引き出すので、通常時の大きさは増大しますが、勃起したときのサイズは手術前と同じです。
ですので、勃起したときのペニスを大きくしたいという男性には向かないでしょう。「通常時のペニスのサイズ」にコンプレックスがある男性にはおすすめです。

〇陰茎増大手術

次は、「陰茎増大手術」について。陰茎増大手術は、基本的に注射によって施術を行います。ですので、切開などは行いません。注射で、

・ヒアルロン酸(1~2年に1回定期的に注射する必要あり。費用は5~10万/1cc)
・アクアミド(5~6年程度は持つ。費用は10万円~20万円/1cc)
・自分の脂肪(自分の脂肪だから副作用とかはない。費用が30万くらいで高い。)

のいずれかを注入して、ペニスを増大させるというもの。陰茎増大手術に関しては、長さの増大はそこまで見込めませんが、太さに関しては数センチ大きくなる可能性があります。

「ヒアルロン酸」を注入する方法は、現在最もポピュラーな施術方法です。費用はヒアルロン酸1ccで5~10万円。(1度に注入する量は4ccが限界)時間は10分ほどで済みます。ただ、ヒアルロン酸は時間がたつと体内に吸収されてしまうため、いずれは施術前の大きさに戻ってしまうというのがデメリット。1~2年に1度のペースで、定期的に注入する必要があります。アキカンちゃんもその辺は推奨しています。

「アクアミド」は1回の料金が1ccで10~20万円とヒアルロン酸よりも高価ですが、5~6年は効果が持続すると言われています。それを考えれば、ヒアルロン酸よりもコスパは良いと言えるでしょう。

「自分の脂肪」は、内腿の脂肪や下腹部から抽出した志望を、そのままペニスに入れるという方法です。施術時間は1時間程度。自分の体から抜いたものなので、ヒアルロン酸などと違い、「副作用の心配がない」というのが最大のメリットです。しかし、費用が高いのがデメリットで、一回の施術で30万円前後かかってしまいます。

陰茎増大手術は、ヒアルロン酸、アクアミド、脂肪のいずれも即効性はありますが、費用が高いというデメリットがあります。また、一度に注入できる量には個人差があるので、施術を受ける前には、必ずクリニックでカウンセリングを受けましょう。

〇亀頭増大手術

手術でペニスを大きくする方法、最後は「亀頭増大手術」です。
亀頭増大手術のメカニズムは、基本的に「陰茎増大手術」と同様で、ヒアルロン酸などを注入してペニスを大きくするものです。
ただ、陰茎増大手術では竿部分を大きくするのに対し、亀頭増大手術では、亀頭にピンポイントでヒアルロン酸を注入、亀頭だけを大きくさせます。
費用は1回10万円程度で、竿部分にヒアルロン酸を注入するのと同様、1~2年に1度定期的な注射が必要です。

いずれにしても、ペニス増大手術は整形手術などとどうようで「保険適用外」です。手術を受ける際はクリニックとよく相談し、100%自己責任で行ってください。

【ペニスを大きくする食べ物】

続いては、ペニスを大きくする食品を食べる方法です。どのような食材が、ペニスの増大に効果的なのでしょう?

〇すっぽん

まずは「すっぽん」です。すっぽんは滋養強壮や精力増強に効果のある食べ物として、古くから日本人に親しまれてきました。すっぽんには、精子の生成に必要なアルギニンや亜鉛、ビタミンBや必須アミノ酸などが豊富に含まれています。精子の量が増えれば、勃起の持続力も増しますし、勃起したときのペニスのサイズも大きくなります。絶対的なサイズを大きくすることはできませんが、ペニスの潜在能力をフルに引き出すことはかのうということです。アキカンにちんこを入れてトレーニングするのは控えてください。

〇牡蠣

ペニスを大きくするには「牡蠣」もおすすめです。牡蠣には、精子の生成を助ける亜鉛が豊富に含まれています。よく、牡蠣は精力増強に効果があるという話は聞きますよね。
また、亜鉛だけでなく、ビタミンやミネラルなども豊富に含んでおり、人間の体を健康に保つ万能食品です。亜鉛で精子の生成が助けられ、体自身も健康になれば勃起力も高まることは間違いありません。

〇スイカ

「スイカ」もペニスを大きくするのに効果があります。スイカには、ペニス増大竿売りにも欠かせない栄養素である「シトルリン」が豊富に含まれているのが特徴。シトルリンには血管を拡張させる働きがあり、積極的に摂取するとペニスに送り込まれる血液の量も増加します。つまり、ペニスが通常よりも大きくなるということ。スイカのほかにも、メロンなどのウリ科の植物にシトルリンは多く含まれています。

〇マカ

「マカ」という食品もペニスの増大に効果的。マカは南米のペルーが原産の植物で、アルギニンや亜鉛を豊富に含んでおり、精力増強に効果があります。かつてインカ帝国では、マカを食べると発情してしまうとの理由で、若い男女がこれを食することは禁じられていたそうです。実際に、現在販売されている精力剤の中にも、マカを含んだものは多くあります。精子の増産効果、血行促進効果もあるので、勃起力は確実に高まるでしょう。
マカを直接取ることは難しいですが、コンビニや薬局でマカのサプリメントは普通に売られています。値段も1000円前後とお手頃なので、ぜひ試してみてください。

〇ペニスを大きくするにはバランスよく食べることが大事!

【増大サプリを飲んでペニスを大きくする】(成分の解説・亜鉛)

ペニスを大きくするには、「ペニス増大サプリを飲む」という方法もあります。ペニス増大サプリは、食品などと同様、「体の内側からペニスの増大を助けるもの」です。したがって、ペニスの絶対的な大きさが変わるわけではありません。しかし、ペニスのパフォーマンスを100パーセント引き出してくれるものなので、勃起したときのサイズは必ず大きくなります。

ペニス増大サプリに含まれている主成分は「L-シトルリン」と呼ばれるものです。L-シトルリンとは、スイカなど瓜系の野菜に多く含まれている成分で、「一酸化炭素」を多く作り出す働きをします。一酸化炭素は、血管を広げて血流を良くしてくれるので、ペニスの海綿体に送り込まれる血液の量が増加。結果的に、勃起時のペニスの大きさが増大するという仕組みです。

増大サプリにはほかにも、「ビタミン」や「アミノ酸」、また強壮成分が含まれており、それらがシトルリンと相まって、男性ホルモンや成長ホルモンが多く分泌されます。
成長ホルモン、男性ホルモンは精液を作るのに欠かせません。これらが増えることによって精子量が増加、勃起の持続力や硬さも増します。

サプリを選ぶ際には、「血行促進効果」と「成長・男性ホルモン生成効果」の両方の効果があるものがおすすめです。また、含有成分に関してですが、「なるべく成分の種類が多いサプリ」の方が効果が出やすい傾向があります。人間の体には個人差があるので、あまり成分の種類が少ないサプリだと、効かない可能性もあるということ。シトルリンなどのメインの成分だけではなく、マカや亜鉛などの有効成分も多く含まれているサプリを選ぶのがいいでしょう。

ペニス増大の専門医でもある三浦教授も監修を務めているちんこサプリ.jpではペニス増大サプリの選び方や本当に効果があるペニス増大サプリに関して有意義な情報がまとめられています。
一部を抜粋致します。

しかし、残念ながらペニス増大サプリはたくさんありすぎる上に、詐欺まがいのものもあるのが現実。

成功するペニス増大サプリを選ぶポイントは3つ。

1.良質な成分が配合されていて効果があること
2.成分の配合量からみてコストパフォーマンスが良いサプリ※金銭的に負担が大きい3か月続けられなさそうなサプリはNG
3.信頼できる企業が製造していて、衛生面・安全性が保証されている
たったこれだけです。

この3つを抑えるだけで、ペニスサイズアップを期待できる増大サプリを選ぶことはできるでしょう。
出典サイト:ペニス増大サプリランキング2018-ちんこサプリ.jp

このように、ペニス増大サプリと一言で言っても数多くの商品が存在するのです。
そして、効果的といえるペニス増大サプリを選ぶのは栄養士や医師ではない限り難しいのは言うまでもないでしょう。

繰り返しますが、ペニス増大サプリは専門家が推奨するサプリを第一に選ぶのが一番重要なのは間違いがありません。

また、サプリを選ぶ際には注意点があります。「すぐに効果が出る」というような謳い文句のもは選ばないということです。そのような即効性を売りにしたサプリは、大抵あまり効果がありません。サプリは飲み続けてこそ効果が出るものなので、そのような製品は買わないのが得策でしょう。違法な成分を使っている可能性も、ゼロではありませんからね。

加えて、「国産のものを選ぶ」、「安すぎるものは買わない」というのもポイント。輸入物は、国内では危険とされてる成分が入ってるものがあるかもしれません。また、価格が安すぎるのものは、絶対効かないサプリです。ペニス増大サプリは、安いものでも1ヶ月分で1万~1万5000円くらいが相場。購入する際は、この相場と比較してサプリを選びましょう。

【ツボ押しでペニスを大きくする】

東洋医学において、「ツボ」は体の異常を改善するために欠かせないものです。あまり知られていないことですが、刺激することでペニスの増大が見込めるツボもあります。

〇大赫

ペニスの増大が見込めるツボ、まず一つ目は「大赫」というものです。このツボは、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌や、精子の生成に効果があります。精子がたくさんできれば、勃起したときの硬さや大きさが変わるので、ペニスのもつパフォーマンスを最大化できるというわけです。大赫の場所は、へその下から四センチほど下、そこから左右5ミリほどの地点に位置しています。

〇三陰交

続いてご紹介するのは「三陰交」というツボ。くるぶしの内側から上に10cmくらいのところに位置しています。このツボは、血行促進、冷え性の改善などに効果のあるものです。血行促進がされれば、ちんこに送られる血液も増えるので、勃起時のペニスも硬く、大きくなるはず。ぜひ試してみてください。

〇ツボ押しはあくまでペニス増大のサポート

ツボ押しは、「ペニスの持つ力を最大限発揮させる方法」ではありますが、ペニスの絶対的な大きさを増大できるものではありません。ですので、ツボ押しはあくまで「サポート」的に行うのがおすすめ。外部からの力を加えるペニスのトレーニングと並行して、ツボ押しやサプリで体の内部からもペニス増大をサポートしてあげましょう。

【食生活や生活リズムを改善する】

ペニスを大きくする上で、「食生活や生活リズムの改善」は欠かせない要素です。たとえトレーニングをしたり、ペニス増大サプリを摂っていたとしても、不摂生な生活を送っていると意味がありません。なぜなら、勃起したときにペニスが力を発揮しきれないからです。
普段ファストフードばかりで栄養が偏っていたり、睡眠時間が不足していたりすると、体の血行が悪くなり、ホルモンバランスも乱れます。そうなると、精子量減少し、勃起したときペニスに送られる血液量も減少。つまり、ED気味になってしまうということです。

もしペニスのサイズに不満があるという男性は、とりあえず食生活、生活リズムの改善から手をつけてみてはいかがでしょうか。意外と、「勃起したときのサイズが前と段違い!」ということもあるかもしれません。それでもまだサイズに不満があれば、ペニス増大サプリやトレーニング、場合によっては手術による方法を考えるのが良いでしょう。

【長い目で見れば、増大サプリが一番おすすめ】

ペニスを増大させる方補法はたくさんありますが、長い目で見た時に最もおすすめできるのは「ペニス増大サプリ」です。
もし、「すぐに結果を出したい!」というのであれば手術が手っ取り早いでしょう。しかし、それなりにお金もかかりますし、失敗のリスクもあります。また、手術をしたとしても、もし栄養面など体の内側の問題でぺニスが小さいのであれば、結局意味がありません。
それを考えれば、食生活を改善しつつ、ペニス増強サプリでそれをサポートするというのが、最も安全で効率的な方法。それにトレーニングなどを加えて行うのがおすすめです。トレーニングでペニスを物理的に大きくし、サプリで内側からのサポートもできれば、セックスで彼女を悦ばせることも簡単でしょう。

【まとめ】

ペニスを大きくするための7つの方法をご紹介しました。ペニスを大きくする方法をまとめると、

・トレーニング
・器具を使う
・手術をする
・ペニス増大サプリを飲む
・ペニスを大きくする食べ物を食べる
・食生活を改善する
・ツボを押す

というもの。中でもおすすめは、「食生活の改善、トレーニングなどと並行してペニス増大サプリを摂る」という方法です。まずはできるところから始めてみましょう。続けることができれば、セックスで彼女を悦ばせられる日も近いですよ!ペニス増大サプリおすすめです。